スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古埋め立て、首相が全面否定 政府はくい打ち方式の浅瀬案検討(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は24日、普天間飛行場移設問題で、岡田克也外相がルース駐日米大使に、現行案の一部修正を打診したとする米紙報道を打ち消すとともに、沖縄県名護市辺野古の現行案周辺の海を埋め立てる形のすべての案を否定した。

 鳩山首相は視察先の群馬県大泉町で記者団に「報道は事実ではない」とした上で、「辺野古の海が埋め立てられるのは自然に対する冒涜(ぼうとく)だ。現行案が受け入れられるという話はあってはならない」と語った。

 一方、岡田氏も同日、米紙報道を否定したが、大使と会談したことは認めた。

 これに関連、政府が現行案の建築方法を大きく変更し、海を埋め立てずに環境への負荷の小さい杭(くい)打ち桟橋方式とする案を検討していることが同日分かった。この案では、現行案の2本のV字形滑走路を1本とし、位置を「浅瀬案」に近い海側へ移動させている。

【関連記事】
米紙の普天間報道「事実ではない」 首相、現行案受け入れを否定
鳩山、大丈夫?謎のインド人占い師“予言”で安全保障政策?
「愚かな首相」は共感を得られるか
普天間、「岡田外相が現行案大筋受け入れ」 米紙報道
運用理解せず…鳩山首相、普天間迷走も小沢氏“我関せず”
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

気象庁「ナウキャスト」来月稼働 竜巻・雷10分刻みで予報(産経新聞)
発祥の地…横浜オリジナルのサイダー発売へ(産経新聞)
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言(時事通信)
禁輸が話題、赤ちゃんザル命名「クロマグロ」(読売新聞)
住宅トラブル 未然の防止策 「大丈夫」繰り返すメーカーは要注意(産経新聞)

八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)

 八ッ場ダムの広報施設「やんば館」(群馬県長野原町)の2009年度の来館者数が、前年度(2万4647人)の約4・6倍の11万3294人に達し、1999年4月の開館以来最高を記録していたことが、国土交通省八ッ場ダム工事事務所のまとめでわかった。

 これまで、年間来館者が最も多かったのは03年度の2万6689人。09年度は、政権交代直後に前原国交相がダム建設中止宣言をした昨年9月から急速に来館者が増え、11月は前年同月比約10・5倍の2万9820人が訪れている。

 ただ、川原湯温泉街など、地元が潤っている訳ではないという。同温泉観光協会の樋田省三会長は「不景気だから、(観光客は)地域の旅館や飲食店を利用していない。むしろ年々悪くなっている」と話した。

遊歩道のチューリップ、500本折られる(読売新聞)
普天間決着 5月末「方向性決める」 首相、詳細合意先送り(産経新聞)
改正道交法 70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞)
日中当局が会議開催=ギョーザ事件で情報交換-警察庁(時事通信)
明るい色彩で描く「重さ」 “異色アーティスト”O JUN(産経新聞)

【ECO最先「探」】夢の植物性固形燃料 CO2実質排出量ゼロ(産経新聞)

 二酸化炭素(CO2)やメタンなど、温室効果ガスの排出削減が求められている中、CO2の実質排出量がゼロとされる植物性固形燃料「バイオコークス」が国内外の自治体や企業から注目を集めている。近畿大学(本部・大阪府東大阪市)が民間企業などと研究、開発を進めている新技術。木材や飲料工場から出た茶葉のかす(茶殻)など植物に由来する廃棄物から作るため、地球温暖化の防止だけではなく、資源のリサイクルにも寄与する国産燃料として、大きな期待が寄せられている。(伊豆丸亮)

 コークスは、主に石炭を加熱分解して作られる固体燃料で、燃焼すると高温になることから、鉄鋼業などで鉄鉱石を溶かすためなどに使われる。国内では年間2500万トン以上が使用されている。鉄鋼業界では、燃焼時に排出されるCO2の削減とともに、石炭の輸入価格高騰によるコスト増という問題を抱えている。

 その両方の課題をクリアすると期待されているのがバイオコークス。近畿大学理工学部の井田民男准教授(47)が開発し、現在、量産化へ向けての研究が進められている。廃材のほか茶殻やコーヒー殻、野菜くずといった植物性の廃棄物を細かく砕き、大きな圧力をかけて鉄以上の硬度を持つまで圧縮し、成型して作る。

                   ◇

 井田准教授によると、重量当たりの熱量は従来のコークス(石炭コークス)の7割程度だが、炉で燃やした場合、石炭コークスよりも炉内温度があがりやすいという。

 植物は成長過程で光合成を行い、CO2を吸収するため、燃やした際に排出されるCO2は温室効果ガスとしてカウントされない。このため植物由来のバイオコークスの燃焼時のCO2排出量は実質ゼロとなる。石炭コークスを使用する際、その20%をバイオコークスと代替すればCO2排出量も20%削減されることとなる。

 近畿大が平成20年に自動車部品メーカーや鋳造炉メーカーと行った燃焼実験では、既存の炉では最大で石炭コークスの40%をバイオコークスで代替できることが分かった。現在、バイオコークスを100%用いた場合の燃焼温度に耐えられる炉の建設が検討されている。

                   ◇

 植物性のゴミならほぼすべてが材料となるだけに、リサイクルやゴミ処理軽減など、環境対策としても注目を集めている。すでに、大阪府森林組合が間伐材や放置林対策として、国や同府高槻市などの補助などを受けて事業化に着手したほか、新潟県柏崎市や青森県黒石市でも事業化の動きがあるという。

 井田准教授は「材料の大量調達という課題をクリアできれば、大きな国産資源となる。データを積み重ねて、広く使えるようにしたい」としている。

<首長新党>松沢神奈川県知事が評価(毎日新聞)
裁判員裁判の量刑、殺人や性犯罪で重い傾向(読売新聞)
高速道の新上限料金制 与党委員長が法案反対 小沢氏プッシュ(産経新聞)
エベレスト初登頂の偉業再現 板橋区・植村冒険館(産経新聞)
広島市長、非核三原則法制化を要望=首相は慎重姿勢(時事通信)

雑記帳 マリン大役、警察から「みまもり犬」委嘱 広島(毎日新聞)

 広島県府中市で12日、雌のゴールデンレトリバー、マリン(3歳半)が、朝の散歩がてら、小学校に登校する子どもたちの安全を守る「みまもり犬」の役割を県警府中署から委嘱された。

 2年前から飼い主の渡部浩樹さん(48)に連れられ、長女真子さん(12)と一緒に市立府中学園に登校。ほかの子どもたちにもなつき、近所の評判となり、大役を任された。

 おとなしく優しい性格だが、芯は強いといい、通学路で毎朝、不審者に目を光らせている。子どもが被害に遭う事件が後を絶たず、地元では「犬のお巡りさん」の犯罪抑止力に期待。【村本聡】

NPOに評価基準=競争促す-民間検討会(時事通信)
<掘り出しニュース>うずらの卵プリン、商品化 改良で臭み消す(毎日新聞)
ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)
与党、会期延長を視野=重要法案成立に全力(時事通信)
「特上カバチ!!」に弁護士会抗議 「誤解与える」(産経新聞)

新党には参加せず 党の新人事にも批判 舛添氏(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は6日昼、平沼赳夫元経済産業相や与謝野馨元財務相らによる新党結成について「今まで平沼、与謝野両氏とそういう話で電話をしたことも、会ったこともない。一切私に関係のない話だ」と述べ、参画することはないとの考えを示した。

 執行部批判を繰り返す河野太郎衆院議員を幹事長代理に起用するなどした党内人事には「体制の刷新を言ってきたが、それがかなえられているとは思えない」と批判し、改めて執行部の人心一新を求めた。実現しない場合には「あらゆる可能性をオープンにしている」と述べるにとどめた。

 執行部が夏の参院選の選挙対策本部長代理に起用しようとしていたことには、「直接(要請が)なかった」と述べた。同時に「私は一切の役職につかない」とも述べた。国会内で記者団の質問にこたえた。

【関連記事】
邦夫氏の不参加確認 平沼氏、新党結成で
平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」「期待していない」
「あるとすれば良い影響」 民主・山岡氏が新党批判
慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<いじめ調査>「学校側に不合理な点なし」名古屋地裁判決(毎日新聞)
<フロアマット>「全天候型」16車種でアクセルに接触(毎日新聞)
「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社-長野(時事通信)
余部鉄橋に代わる新橋梁、8月に供用開始(産経新聞)
<集英社>「non・no」月1回の発行に(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。