スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<京都刑務所>低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査(毎日新聞)

 京都刑務所で30代の男性受刑者が30キロ台の低体重状態で死亡する事案があり、京都地検は同刑務所が適切な措置を怠った可能性があるとして、業務上過失致死容疑での立件を視野に入れ捜査していることが24日、分かった。

 京都刑務所によると、男性は昨年6月に入所し、今年2月に摂食障害の診断を受け刑務所内の病棟に収容。常駐の医師が栄養剤を与えるなどしていたが、3月17日午後10時50分ごろ、病棟の単独室で意識を失った状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 京都地検によると、死因はやせ過ぎによる心疾患か低体温症とみられる。しかし、刑務所は男性に病院で治療を受けさせていなかったという。

 京都刑務所は「処置は適切だった」としている。【田辺佑介、熊谷豪】

【関連ニュース】
刑務所出所:仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし
革手錠死傷事件:2審も刑務官4人有罪 名古屋高裁判決
岐阜刑務所:20代男性受刑者が独居房で自殺か
雑記帳:刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山
刑務所出所:仮釈放が満期下回る 高齢化、引受先なし

福島氏、県内移設も容認?「反対だが従う」の二重基準多用(産経新聞)
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判(時事通信)
「教団思想と合致」=長官銃撃で上祐前代表(時事通信)
全日本プロレスの西村が国民新党から参院選出馬へ(スポーツ報知)
外相、米国へ出発(時事通信)
スポンサーサイト

九州の公共事業14%減 前年度比 港湾事業は25%増(西日本新聞)

 国土交通省九州地方整備局は26日、九州に予算配分された公共事業総額は9043億円と発表した。前年度比で14%減。過去10年で最大の落ち込みとなった。国の直轄事業は2648億円(前年度比12%減)で、新規事業はなかった。県や政令市への補助金、交付金は6395億円(同15%減)だった。

 完成間近の道路には重点配分した結果、直轄事業のうち国道208号玉名バイパス(熊本)▽国道220号内海歩道整備(宮崎)▽国道497号今宿道路(福岡)‐などは当初予定通り2010年度に完成の見込み。

 直轄事業のうち港湾事業だけは目立って増額。関門海峡の航路整備費に222億円を計上、前年度比25%増えた。九地整は「基幹航路の拡幅などで物流の競争力アップを狙った」としている。

 県別の補助事業費は、福岡2212億円、佐賀472億円、長崎795億円、熊本805億円、大分611億円、宮崎594億円、鹿児島901億円。

 一方、国交省は同日、総延長1万4千キロの国の高速道路ネットワーク計画で、10年度に長崎県の西九州自動車佐々佐世保道路の佐々町‐佐世保市間(4キロ)などが供用開始予定と発表した。

=2010/03/27付 西日本新聞朝刊=

「美人すぎる市議」自民が参院比例に擁立検討(読売新聞)
沖縄県民と米国の理解得る=普天間、5月決着強調-鳩山首相(時事通信)
<横田基地>初の民間機着陸 空中衝突防止会議の開催で(毎日新聞)
免許照会で元不倫相手の住所探る=米とみそ送付、巡査部長を処分-鹿児島県警(時事通信)
公務員の希望退職検討=仙谷担当相(時事通信)

証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分-警視庁(時事通信)

 証拠品のナイフの刃を折るように部下へ指示したとして、警視庁は19日、蒲田署地域課の警部補(60)を停職3カ月の懲戒処分とした。不正を知りながら適切な対応を取らなかったとして、上司だった元地域課長の警視(59)も減給1カ月(100分の10)の懲戒処分とした。
 警部補は「ほかにも一件やった」と話しており、同日付で辞職。同庁は証拠隠滅教唆容疑などで警部補ら4人を書類送検する方針。
 同庁によると、2008年11月16日午前1時ごろ、警部補の部下2人が東京都大田区内の資材置き場で、正当な理由なく刃渡り6センチ以上のカッターナイフを所持した男を発見した。
 部下の報告を受け、警部補は銃刀法違反より軽犯罪法違反容疑で処理した方が手続きは早いと考え、同法の対象とするために刃を折って短くするように指示した。
 警視は同月20日、この事実を知ったが、上司への報告を怠るなどした。「定年まであと一年。無事に退職させたかった」と話しているという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
警察官の偽証は違法=「無罪の可能性も」、道に賠償命令
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か

来週にも谷垣-与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」(産経新聞)
<名古屋市>市長支援団体、4月中に議会解散署名を開始(毎日新聞)
<日本芸術院賞>洋画の山本文彦氏ら9人 09年度受賞(毎日新聞)
治験体制整備、5カ年計画終了後の財源確保が課題(医療介護CBニュース)
ひき逃げ女米兵「話もできないほど泥酔」(読売新聞)

変死の歯科医、首に傷 本格捜査 浴槽の水飲まず(産経新聞)

 東京都目黒区下目黒のマンションで昨年12月、浴槽内で死亡していた住人の女性歯科医=当時(31)=の首に絞められたような跡があることが17日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課と目黒署は事件に巻き込まれた疑いが強いと判断、捜査員を増員し本格捜査に乗り出した。絞めたような跡は薄く、のどの骨も折れていないため絞殺でない可能性はあるが、浴槽の水を飲んでいなかったことや、死亡直前まで使用していた携帯電話が見つからないなど、不審点が複数あることから事件性が高いと判断した。

 捜査関係者によると、死亡した女性は矯正歯科が専門で、都内の大学病院に勤務していた。12月23日午前10時ごろ、女性が病院に出勤してこなかったことを不審に思った知人男性が自宅マンションを訪れ、浴槽内に頭まで水につかった女性の遺体を発見した。玄関は無施錠だった。

 女性は前日の22日夜、JR恵比寿駅付近の飲食店で開かれた忘年会に参加、6時間以上酒を飲んでいた。23日未明、自宅近くの商店街でタクシーを降り、歩いて帰宅。商店街付近の防犯カメラには、携帯電話を使用しながら歩く女性の姿が写っていた。

 捜査1課は女性の部屋や付近の下水道を捜索するなどしたが、携帯電話は発見されていない。携帯電話の電波は自宅周辺で途絶えていたという。

 女性には致命傷となるような目立った外傷はなく、死因は特定されていない。だが、風呂の水を飲んでいないことから、浴槽の水に顔を沈める前に死亡したとみられる。

 首にはひっかいたような傷があり、ロフトにあったベッドには失禁した跡があった。

 捜査1課は、布団付近で何者かに襲われた可能性もあるとみて、女性の携帯電話の通話履歴を調べたり、知人らから事情を聴くなどして捜査を進めている。

 現場は東急目黒線不動前駅から北西約300メートルにある住宅街。女性は過去に優秀研修医として表彰されたこともあった。勤務先だった大学病院は「警察に任せているので、詳しくは答えられない」としている。

【関連記事】
東京・目黒の住宅から2遺体 室内に遺書?
女性が浴室で変死 事件両面で捜査 東京・目黒

政府、県内移設で最終調整=シュワブ陸上など2案-普天間(時事通信)
源純夏氏「緊張感がなくなった」出馬辞退…現職反発で党本部腰砕け(スポーツ報知)
高脂血症・高血圧・うつ病3剤で1千億円へ―塩野義(医療介護CBニュース)
大洋薬品の高山工場を業務停止処分へ―岐阜県(医療介護CBニュース)
パラリンピック 鈴木が銅メダル リベンジ果たす(毎日新聞)

【十字路】実物大の大仏半身像難波宮跡公園にお目見え(産経新聞)

 4月放送のNHK古代史ドラマ「大仏開眼」のロケ撮影で使用された実物大の大仏半身像が12日、難波宮跡公園(大阪市中央区)にお目見えした。

 高さ・幅約9メートル、奥行き約4・5メートル、重さ約2トン。史料を基に、聖武天皇が建設した奈良・東大寺の大仏を再現。主な材料は合成樹脂と発泡スチロールだ。

 NHK大阪放送局開局85周年記念事業「BK85さくら祭り」(22日まで)の一環で展示。公園を訪れた人たちは極彩色の表情豊かな大仏に驚いた様子で見入っていた。

中傷書き込み、有罪確定へ=ネット名誉棄損で初判断-報道と同基準・最高裁(時事通信)
道路に赤線、意味わかる?(読売新聞)
羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦(時事通信)
<雑記帳>刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山(毎日新聞)
<電子書籍>普及で総務などの3省合同の懇談会が発足(毎日新聞)

電子書籍で懇談会=データ形式視野に協議-政府(時事通信)

 本や雑誌をデジタル化した電子書籍の普及を促すため、文部科学、総務、経済産業の3省は17日、出版業界など利害関係者と協議する懇談会の初会合を開いた。インターネット配信、著作権処理に関するルールづくりを目指すほか、データ形式の規格作成も視野に、6月をめどに対策をまとめる。
 3省からは副大臣らが参加。出版社、印刷会社、書店、ネット企業、著作者団体の関係者や学者らと意見交換した。
 民間メンバーからは「町の本屋が減っている。本屋との共生も議題にしてほしい」「デジタルにすれば、著作権がより守りやすい面がある」などの意見が出た。
 内藤正光総務副大臣は会合後の記者会見で「(電子書籍事業で先行する)アマゾン・ドット・コムやアップルに勝る魅力のある市場をつくっていきたい」と意欲を語った。 

【関連ニュース】
詳報iPad アップル、次は電子書籍に挑戦
大証HCのウェッジHDとマザーズのアップルが資本提携=オートバイリースを拡大
「iPad」、日本発売は4月下旬=当初より遅れ
ドコモ、7カ月ぶり首位=ウィルコムは低迷続く-2月の携帯契約
トヨタ、称賛される企業で7位=昨年の3位から後退

表敬訪問並み? 普天間抜きの日米首脳会談(産経新聞)
対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)
プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)
元税務職員の79歳・税理士、3千万脱税容疑(読売新聞)
<トキ9羽襲撃死>犯人はテン、足跡から判明 環境省(毎日新聞)

「生活感、汗のにおいがない」=鳩山政権に苦言-田中元外相(時事通信)

 民主党の田中真紀子元外相は13日午前、テレビ東京の番組に出演し、支持率下落が続く鳩山内閣について「生活感というか、体臭、汗のにおい(がしない)。『友愛』と言うが、あまり温かみがないし、感じられない」と苦言を呈した。
 鳩山由紀夫首相については「一般の生活者感覚からずれた地球人」と酷評。政権発足から半年を迎えることに触れ、「(鳩山内閣の政治が)何だか見えない、分からないと皆さんが感じるのは、この方々のやっている理想とする政治が、言ってみればバーチャルだからだ。今しっかりと目標、方向性を示さないと。(政権は)瀬戸際に来ている」と強調した。 

【関連ニュース】
内閣支持率、続落30.9%=参院選投票先、民・自並ぶ
09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映
「代替案は現状維持」=普天間移設、現行計画拒否なら
核の「あいまい戦略」制約に懸念=密約調査公表は静観
岡田外相、北方領土を視察

<社民・国民新>与党間「調整機関を」 民主に申し入れ(毎日新聞)
<三菱自動車>欠陥隠しで有罪へ 元会長は不満あらわに(毎日新聞)
療養中の妻放置・衰弱死させた自衛官を懲戒免職(読売新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(2)「金の切れ目が命の切れ目」(産経新聞)
「太陽の塔の顔」ミステリー 大阪万博40年未だに探索続く(J-CASTニュース)

普天間は国連軍指定基地 初耳だった首相ら(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相と平野博文官房長官は5日の参院予算委員会で、移設問題で揺れる米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)が、休戦状態にある朝鮮戦争に備えるため今も日本に存在する国連軍の指定基地であることを知らないという失態を演じた。

 普天間飛行場移設には、米軍とともに国連軍の扱いも必要だ。国連重視を掲げる民主党政権だが、首相と平野氏の念頭にはなかったことになる。

 質問したのは、陸上自衛隊のイラク先遣隊長だった「ひげの佐藤」こと佐藤正久参院議員(自民)で「そこも分からずに移設をうんぬんするのはおかしい」とあきれ顔だった。

 佐藤氏から在日国連軍について聞かれた平野氏は「(神奈川県の米軍キャンプ)座間に国連軍の旗を掲揚している」と答弁。佐藤氏は「そこだけではない」と指摘し、「日本には7カ所ある。その一つが普天間だと知っていたか」と、首相にも矛先を向けた。首相は「今、教えていただいたことに感謝する」と、初耳だと認めるしかなかった。

【関連記事】
普天間「県外・国外」 首相うっかり約束!?
日米で食い違うグアムの位置づけ 同盟どう深化させるかが課題
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」
官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定
予算案で菅財務相、公共事業依存からの脱却強調 参院予算委
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<チリ地震>日赤あて義援金の現金書留は無料に(毎日新聞)
<入管汚職>贈賄側に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
【大阪万博40年 熱狂が残したもの】(上)こんな日本があったんや(産経新聞)
自民・伊吹氏、「谷垣降ろし」発言に自制求める(産経新聞)
小沢氏らの進退、検討の必要性に言及 内閣支持率低下で前原国交相(産経新聞)

北に不正輸出仲介、会社社長を書類送検 外為法違反容疑(産経新聞)

 大阪市の貿易業者が、北朝鮮から韓国に重金属の亜鉛を輸出されるのを無許可で仲介したとして、大阪府警外事課は4日、外為法違反(無許可仲介貿易)容疑で大阪市の「秋山貿易」と秋山勲夫社長(54)を書類送検した。

 府警によると、同社は平成19年6月、亜鉛200トンが北朝鮮から韓国に輸出されるのを無許可で仲介した疑いが持たれている。

 経済産業省は18年10月から、日本人業者が北朝鮮からの貿易を仲介することを禁じている。

餓死の5歳児、1日1食のみ 体重6キロで健診も受けず(産経新聞)
外国人地方参政権 亀井氏「法案提出なら連立解消」(産経新聞)
党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相(産経新聞)
北教組 日高支部では“闘争マニュアル” 「国旗・国歌を排除」(産経新聞)
<金子みすゞ>没後80年で墓前祭(毎日新聞)

<奈良5歳児餓死>逮捕の母親 夫から日常的に暴力(毎日新聞)

 奈良県桜井市の吉田智樹君(5)が十分な食事を与えられず餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親のパート店員、真朱(まみ)容疑者(26)が、夫の博容疑者(35)からドメスティックバイオレンス(家庭内暴力、DV)を受けていたことが関係者への取材で分かった。真朱容疑者は「長男の顔が夫と似ていて腹が立った」と供述しているが、DVが虐待の引き金になったとみられる。

 両容疑者は03年5月に結婚し、04年7月に智樹君が生まれた。関係者によると、真朱容疑者は長女を妊娠中「夫に腹をけられた」と訴えてきたといい、DVを継続的に受けていた可能性がある。さらに博容疑者は、妻が他の男性と親しくしていると疑い、つきまとうようになった。元同僚の主婦(38)らによると、真朱容疑者は夫について「コンビニに行く時も、監視するようについて来る」と漏らし、元上司の男性(48)にも「夫はストーカーみたい」と話し、不満を募らせていた。

 捜査関係者によると、真朱容疑者は約3年前から夫と不仲になり、「うっ憤がたまった時に、長男が夫のように見えてくる」と供述しており、夫のDVやストーカー的な行動に対する怒りや不満が、長男への虐待につながった可能性が浮上している。真朱容疑者は「私が母親じゃなかったら元気で育っていたと思う」と言い、泣きじゃくったという。

 智樹君の葬儀は5日、桜井市内で親族だけで営まれた。【上野宏人、山崎一輝】

【関連ニュース】
5歳児餓死:「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述
虐待:食事与えず5歳児餓死、体重6キロ、父母逮捕 奈良
石巻2人刺殺:宮城県警がDVとストーカー被害再度検証へ
石巻2人刺殺:DV施設、数日で退所 元交際女性「復縁」
発信箱:恋愛教育=磯崎由美(生活報道部)

診療報酬改定に不満表明、民主議連の桜井会長(医療介護CBニュース)
<子宮頸がん>ワクチン接種公費助成 仁科亜季子さんが訴え(毎日新聞)
氷河湖拡大、定説に風穴? 京大院生「温暖化」覆す故郷ネパール命がけ調査(産経新聞)
バイリンガルの子 高い会話理解力 京大准教授ら発表(産経新聞)
トラック スーパーに突入…ATM狙う? 札幌(毎日新聞)

JR不採用救済に287億円…与党・公明案(読売新聞)

 1987年の国鉄分割・民営化に反対した国鉄労働組合(国労)の組合員らがJRに採用されず、旧国鉄清算事業団からも解雇された問題で、与党3党と公明党がまとめた組合員の救済案が3日、明らかになった。

 解決金などとして1世帯当たり平均2950万円、総額約287億円を支払うとともに、JR側に約200人の雇用確保を要請する。4日に前原国土交通相に申し入れる予定で、政府は検討に着手する方針だ。

 救済案は〈1〉賃金や利息分、慰謝料など相当分を解決金として平均1650万円〈2〉解雇によって消滅した期間の年金受給相当分を生活補償金として平均1300万円――を支払う内容。財源は、独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」の特例勘定から充てる。対象は係争中の原告912世帯。

公明と選挙協力「ない」=小沢氏(時事通信)
<アーチェリー事故>高2に矢、同級生を書類送検へ 警視庁(毎日新聞)
「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調-福島消費者相(時事通信)
議長不信任案など否決、自民が審議復帰…衆院(読売新聞)
<訃報>松崎匡男さん72歳=元帝人副社長(毎日新聞)

ひばりやビートルズの曲で“送られたい” 団塊女性の理想の葬儀(産経新聞)

 団塊女性の理想の葬儀は「花の祭壇」をあつらえて、「美空ひばり」や「ビートルズ」の葬送曲を-。冠婚葬祭会社「くらしの友」(東京都大田区)が首都圏の団塊女性(昭和22~24年生まれ)400人に聞いた調査で、こんな葬儀観が浮かび上がった。同社は「従来の形式にこだわらず、女性ならではの美しさや自分らしさを演出したいと考えているのでは」と分析している。

 葬儀の際、曲を流したいアーティスト(主な希望曲)では、(1)美空ひばり(川の流れのように、愛燦燦)と、ビートルズ(イエスタデイ、レット・イット・ビー)(3)ショパン(別れの曲)、モーツァルト(レクイエム)、秋川雅史(千の風になって)-の順。また、「夫の実家の墓に入るか」の問いには、「拒否する」が36・3%、「やむを得ず入る」が34・3%、「よろこんで入りたい」が29・5%と、答えが分かれる結果となった(四捨五入のため100%にならない)。

【関連記事】
心生かす葬儀に変化 悲しみ癒やすグリーフケア 生前に準備し契約
山城さん密葬…生前自分の墓を用意していた
【直葬 ~消える弔い~】(上)消えてしまいたい
森繁さん、紋付き袴で天国へ…次男涙の会見
義弟・津川、南田洋子さん偲ぶ「今が一番いい夫婦」

裁判員裁判で猶予判決後、盗み重ね実刑判決(読売新聞)
鳥や牛の生肉で食中毒 ネットお取り寄せ人気で増加?(J-CASTニュース)
将棋の有吉九段、珍しい「2手指し」で反則負け(読売新聞)
全国の書店を横断的に検索 「本屋の歩き方」4月1日に開設(産経新聞)
大津波警報 三陸沿岸に最大3m 第1波は午後1時半(毎日新聞)

自民・松田参院議員が離党届(産経新聞)

 自民党の松田岩夫参院議員(72)=岐阜選挙区=は1日、大島理森幹事長に離党届を提出した。政策秘書の小見山幸治(よしはる)氏(47)が夏の参院選に民主党から出馬するため、「自民党に迷惑をかけることになるので、無所属になるのが正しい選択だと思った」(松田氏)という。民主党入りは否定した。松田氏は科学技術担当相などを歴任。夏の参院選へは不出馬を表明している。同党からの離脱者は、野党転落後5人目。

消費者金融元社長ら逮捕=架空債権、銀行に売却-京都地検(時事通信)
外国人夫のDVに悩む日本人妻が増加 永住許可抹消に壁(産経新聞)
銃撃漁船2船長に罰金=位置装置切り区域外操業-北海道(時事通信)
全面禁煙 英パブは大打撃、2300軒が廃業(産経新聞)
女性死亡 息子2人も刺され負傷、義弟を逮捕 倉敷(毎日新聞)

<性同一性障害>深刻な相談十数件 埼玉県の学校緊急調査で(毎日新聞)

 埼玉県の公立小学校で性同一性障害(GID)と診断された2年男児(8)が女児として通学を始めたことを受け、県教委が公立の小中高校・特別支援学校(さいたま市を除く)に緊急調査を実施した結果、心と体の性別が一致しない在校児童・生徒からの深刻な相談が他にも十数件あることが24日、分かった。県は来年度に学識者や医師を交えた調査検討会議を設置し、教育現場での対応を考える。

 県教委によると、相談者は高校生が最も多く、小学生もいた。今後、個々の具体的な悩みやいじめの有無、本人や保護者が学校にどのような対応を求めているかなどを詳しく調べる。人権教育課の辻村昌之主幹は「子どもたちの悩みをどれだけ和らげ学習環境を整えられるか、しっかり議論したい」と話す。

 子どものGIDは専門医から不登校や自殺の一因とも指摘されてきたが、教育行政の課題に上ることはなかった。県教委によると、こうした調査や対策の検討は全国初で、さいたま市教委も近く同様の調査を実施する方針。【丹野恒一】

【関連ニュース】
<性同一性障害>小2の秋から「女の子」…性切り替え容認
<性同一性障害>理解求め手探り…女児として登校
<性同一性障害>兵庫の男性「嫡出子認めて」法相に訴え
<性同一性障害>「思い尊重を」文科相
ことば:性同一性障害

「絶対、海に近づかないで」鳩山首相も呼びかけ 大津波警報で(産経新聞)
裁判員裁判 初の死刑判断も 2人殺害 被告、強盗目的は否定(産経新聞)
「密約」有識者委、半島有事と沖縄の核認定の方向(読売新聞)
主要施策初、子ども手当審議入り(産経新聞)
元入管職員、収賄認める(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。